クオリティにこだわりたい時は?

オリジナルタオルのクオリティにこだわりたい場合には、元になるタオルに使用する生地を選ぶことが可能なサービスもありますので、そちらのサービスを利用してみることをおすすめします。タオルは素材によって肌触りも違い、使い心地にも左右されますので、細部にまでこだわるのもアリでしょう。

この他にも、タオルの大きさには注意する必要があります。一概にオリジナルタオルと言っても、バスタオルなのかフェイスタオルなのか、スポーツ用のタオルなのかハンドタオルなのか、用途によってサイズは違いますので注意してください。バスタオルなどの大きなタオルになると、デザインもより自由に行うこともできますが、小さいハンドタオルの場合には文字やデザインも小さくまとめる必要があります。また、タオルの大きさによってコストも変わってくる点には注意しておきたいところです。

大型のタオルになるとそれなりにコストも高くなってしまう可能性がありますので、見積もりはきっちりと行っていくようにしましょう。ノベルティ用のオリジナルタオル、クオリティをより向上させるためには目に見えない細かい部分にまでこだわる必要がありますが、予算の都合もあると思いますので、料金については慎重に検討していくようにしましょう。


コストが安く自由度が高い!

オリジナルタオルの魅力は、自由度の高さとコストの安さにあります。まずは自由度の高さについてですが、オリジナルタオルへの印刷は白黒ではなく、カラープリントが可能になっており、そのためあらゆるデザインにも対応が可能です。目立つデザインのオリジナルタオルも製作することも可能ですし、その逆に地味めなデザインにまとめることも可能、シンプルにすることもできるなど、デザインに制限が無いのは魅力的です。

例えば他のノベルティグッズの場合には、オリジナルでデザインできるスペースが狭すぎることもありますが、タオルならばかなり広いスペースに印字が可能でその分自由度も高いと言えます。

また、コストについても触れざるを得ません。オリジナルタオルの単価コストは最安値だと100円台にまで抑えることが可能です。もちろん数量やデザインと値段は関係してくるため、全てがこの値段で製作できるというわけではありませんので注意が必要ですが、200円台でもかなりクオリティの高いオリジナルタオルを製作でき、コストパフォーマンスに優れていると言えます。また、大量発注ならば更に値段が下がりますので、イベント配布用のノベルティにも適していると言えるでしょう。


製作から納品までの手順は?

オリジナルタオルを製作してくれる業者は多数あり、製作するためにはまず業者に依頼をする必要があります。依頼はインターネットサイト上から簡単に行うことができますので問題ありません。依頼時には、どのようなデザインにしたいのか、希望を聞かれることになり、ここで希望するデザインを伝えるだけで、後は注文した数量を納品してくれます。一番ネックになるのがデザインについてですが、これ以外は全て業者が担ってくれることになり、スピーディに、そして簡単にノベルティグッズを製作することが可能です。

デザインについては指定できれば良いですが、もしもなかなかデザインが決まらない場合には業者に相談することも可能です。これまでいくつものオリジナルタオルを手掛けてきた業者にはそれなりのノウハウがありますので、より良いデザインを提示してくれますよ。ある程度デザインが固まったら、試し刷りしてもらうことも可能です。

サンプルを作ってもらい、そこから更に変更点があれば変更してもらい、完成度を高めていくようにしましょう。デザインさえ決まってしまえば、グッズ製作にはそれほど時間はかかりません。勿論数量にもよりますが、中には最短即日で納品してもらえる業者もありますので、業者絵選びの段階でこのあたりについては調べておくと良いかもしれません。


ノベルティにオリジナルタオルはいかが?

販売促進のために行われるイベントなどでは、来場していただいたお客さんに無料でノベルティグッズを配布するのが一般的になりつつあります。企業の名前や新商品、新製品の名前が入れられた記念グッズを配布することで、その名前を覚えてもらうことが目的となりますが、しかしながらノベルティグッズ選びには苦労してしまうというものです。何を配布すればお客さんが喜んでくれるのか、企画をしている側からするとイベント内容に目が行ってしまいがちですが、ノベルティという小さな心遣いの有無によって、お客さんが持つ印象もだいぶ変わりますので、慎重にグッズ選びを進めていきたいものです。

もしも配布するグッズに困っているのなら、オリジナルタオルを配布してみてはいかがでしょうか。企業名や商品名がデザインとして入っているオリジナルタオルならば、自宅に持ち帰ったあとも使ってくれる可能性が高く、使い続けてくれれば名前も定着するというもの。タオル以外にもノベルティグッズはいくつも種類がありますが、タオルならば自由度も高く、もらった側からしてみても扱いに困らない、使い続けてくれる可能性が高くて捨てられにくいというメリットがありますのでおすすめです。

当サイトではオリジナルタオルのノベルティグッズ製作についてご紹介していきます。それでは、どのような手順での製作になるのか、コストはどの程度になるのか、どの程度のクオリティにまで仕上げることができるのかについて見ていきましょう。